2階のシアタールームは、フィギュアなどのコレクションも収められ、ご主人のホビールームの一面もある家族の空間。「オーディオスピーカーは自分でコーディネイトしました。ここで家族と過ごす時間が増えて、ケンカもしなくなったかな(笑)」ダウンライトの配置や長めの遮光カーテンなど、映画館の雰囲気を醸す演出も緻密です。

アパートの家賃を考えると、長い目で見たら家の購入に充てたほうが良い。それと同時に、息子の成長も考え、やはりのびのびとした一戸建てが良いと思ったのがスタートです。展示場はあちこち見学しましたが、家という大きな買い物への不安はいつも消えませんでした。でもそれを一つひとつ取り除き、後押しをしてくれたのが一条工務店の営業マンでした。信頼できる人と出会えたおかげですね。

●家族構成 / ご夫婦・お子様1人 
●東玄関 
●3LDK+シアタールーム
●建築面積 / 69.56m² (21.04坪)  
●1階床面積 / 66.45m²(20.10坪)
●2階床面積 / 64.59m²(19.54坪) 
●延床面積 / 131.04m²(39.64坪)

リビングダイニングと続き間で設けた和室は、仕切って客間としてはもちろん、まだ小さい子どもの遊び場としても使っています。仕切りを開放した時の和室を含めたゆったり感がすごく気に入っています。また、こだわりとは違うかもしれませんが、和室やキッチン、収納部などへの細かいオーダーは、実は特にしていませんでした。というのも、もともと標準仕様の質が高いので、悩まず安心してお任せできたからなんです。

家族でアレルギー体質なところがあり、ホコリをまき散らさない床暖房は寒い冬も本当に快適です。また、大好きなブルーを使った外観、デザイン性にこだわった正方形のパターン、天井の埋め込み式のライトなど、住み心地にもオリジナリティにもトータルで満足しています。コーディネーターの方との話し合いや、大工さんとのコミュニケーションも楽しかったですね。良い家になりました。